「Galaxy Note10」はマイクロSDに対応してる?おすすめカードと正しい選び方



最近のスマホはそもそもの保存容量が大きくなっていることから、マイクロSDカードスロットを設けていないスマホも割とありますよね。そこでSamsungのスマホ「Galaxy Note10」シリーズはマイクロSDカードを使えるか気になったので調べてみました。

また、マイクロSDカードには多くの規格があるのでその規格の違いを解説し、「Galaxy Note10」の対応規格やそれに準じたオススメのマイクロSDカードを紹介します。(答え言ってるじゃん。)

 

この記事の内容
  • 「Galaxy Note10」にマイクロSDカードスロットがあるのかどうか
  • マイクロSDカードの違いと選び方
  • 「Galaxy Note10」に使うべきマイクロSDカードのオススメ

「Galaxy Note10」はマイクロSDに対応しているの?

Galaxy Note10シリーズ
  • Galaxy Note10:非対応
  • Galaxy Note10+:microSDXC ~1TB

 

ご覧のように「Galaxy Note10」シリーズは上位モデルの「Galaxy Note10+」のみがマイクロSDカードスロットを搭載しているため、マイクロSDカードを使うことができます。対応している容量は1TBまで。

 

「Galaxy Note10+」は「microSDXC」という規格に対応していますが、そもそも「microSDXC」とは何?という人向けにマイクロSDの3つの規格の違いや速度による名称の違いなどについて解説します。

 

また、下に「Galaxy Note10」にオススメのマイクロSDを紹介しているので、急いでる方は下の方にスクロールしちゃってOKです。

 

目次に戻る

知っておきたい「マイクロSD」の様々な規格の違い

「マイクロSD」の規格による違い

まずは、「microSDXC」って何?という疑問から。

 

2020年時点でマイクロSDには

 

  • microSD
  • microSDHC
  • microSDXC
  • microSDUC

 

の4種類がありますが、これらの違いは対応している最大容量です。新しくなるごとに対応する最大容量が増えていきます。因みに4つ目の「microSDUC」は2018年に規定された新規格で最大容量128TBまで対応する次世代のマイクロSD規格です。まだ市場で見ることはありませんが…。

 

microSDの規格による対応容量の違い
microSD ~2GB
microSDHC ~32GB
microSDXC ~1TB
microSDUC ~128TB

 

どの規格もSDカードの形状は同じですが、注意点が1つ。

 

これらの規格は一般的に後方互換を持っていますが、前方互換は持っていません。

 

例えば「microSDXC」対応のスマホであれば「microSD」や「microSDHC」カードも通常使うことができますが「microSDHC」対応のスマホはより大容量を扱える「microSDXC」カードは使うことができません。

 

最新スマホであれば基本的に「microSDXC」に対応しているので迷わず「microSDXC」規格のカードを購入すれば良いのでさほど気にする必要はありませんが、数世代前のスマホだと「microSDHC」までというものもあるので、注意が必要になります。また、これはスマホに限らず当てはまることなので覚えておくとミスを避けられるでしょう。

 

スピードクラスによる規格の違い

マイクロSDの規格の違いを解説しましたが、スピードクラスは動画撮影を行う場合に考慮すべき規格です。

 

最低保証速度/クラス スピードクラス UHSスピードクラス ビデオスピードクラス
2MB/秒 Class 2
4MB/秒 Class 4
6MB/秒 Class 6 V6
10MB/秒 Class 10 U1 V10
30MB/秒 U3 V30
60MB/秒 V60
90MB/秒 V90

 

スピードクラスには非常に多くの規格が定義されており、各用途に応じてマイクロSDカードを選ぶことができます。しかしながら、多すぎて正直厄介です。

 

簡潔にまとめると以下のようになります。

 

フルHD解像度の動画を撮影しマイクロSDに保存するのであればスピードクラスは「Class 10」「U1」「V10」以上であることが推奨されています。

また、4K解像度の動画撮影では「U3」や「V30」以上のものが推奨されます。

 

 

結論、スマホでマイクロSDを使う時に選ぶべきクラス

マイクロSDカードに電話帳等の読み込み・書き込みに速度が求められないものであれば、転送速度は気にする必要はありませんが、スマホで撮った動画や写真(特に連写)をマイクロSDに保存する場合には、転送速度の低さによって動作撮影が途中でストップしてしまう可能性やコマ落ちが発生する可能性が高くなります。

 

そのため、スマホで動画を撮影したり写真を撮影する、極めつけはアプリなどのデータをマイクロSDの保存する場合には「Class10」「U1」「V10」クラス以上のものを選びましょう。今新品で買えるものの多くはこのクラス以上ではありますが。

 

目次に戻る

「Galaxy Note10」にオススメなマイクロSDカードはこれ

Galaxy Note10シリーズ
  • Galaxy Note10:非対応
  • Galaxy Note10+:microSDXC ~1TB

 

さて、改めてスマホ用マイクロSDカードの選び方ですが、簡潔にリストにすると

 

  • スマホが対応しているマイクロSD規格であること
  • 「Class10」「U1」「V10」クラス以上のもの
  • 4K解像度の動画撮影のためなら「U3」や「V30」以上のもの

 

1.Samsung EVO Plus 128GB microSDXC [U3] [Class 10]

Samsung EVO Plusの特徴:
  • 規格:microSDXC
  • スピードクラス:Class 10, U3(64GB・32GBはU1)
  • 耐久性:防水, 耐温度, 耐磁, 耐X線
  • 保証:10年

 

上記性能を持つマイクロSDカードで、より容量が多いものはこちら。

 

Galaxy A21S (グローバル版)用に購入

以前からサムスンかサンディスクを購入しています。
速度も速いし特に不満は無いです。

海外で売られているEVO Selectと同じくフィリピン製です。

 

僕は普段からスマホ、GoProともにSamsung EVO Plusをリピートしてます。

 

2.SanDisk ULTRA microSDXC 512GB [U1] [Class 10] [A1]

SanDisk ULTRAの特徴:
  • 規格:microSDXC
  • スピードクラス:Class 10, U1
  • 耐久性:防水, 耐温度, 耐衝撃, 耐X線
  • 保証:10年

 

上記性能を持つマイクロSDカードで、より容量が多いもの(少ないもの)はこちら。

 

安定のSanDisk

そんなに高速でも無いけれど、耐久性、安定性、互換性に優れた製品です。
今まで32、64、128GBを購入してきましたが、手持ちの機器との相性問題も無く無事に使っています。
勿論

ドラレコなどはこれより上のクラスで耐熱、耐久性に優れた物を使うべきですが、一般的用途ならこれで充分です。
大事なのは偽物を掴まされない事。SanDiskは世の中の3割は偽物だと発信しています。
多少の安さに負けて、一部にある並行輸入品などと称する容量偽造などを掴まされないように。
・・・

 

最近のスマホは1TBまでのmicroSDに対応していることが増えましたが、まだまだ1TBのmicroSDXCカードは高価です。ラインナップ自体はそれなりにありますが、価格的に512GBカードを2枚持つほうがお財布には優しいです。

目次に戻る

まとめ

「Galaxy Note10」シリーズのマイクロSDカードへの対応有無や選び方、そしておすすめのカードをまとめてみました。

 

最近のスマホはマイクロSDスロットを搭載したスマホが多いですが、2020年以降、スペース確保や内蔵ストレージの容量が増えていることからスロットを搭載しないスマホがチラホラと出てきましたよね。

 

「Galaxy Note10」シリーズは上位モデルの「Galaxy Note10+」のみがマイクロSDカードに対応していますが、もし、マイクロSDスロット非搭載の場合。

 

まだスマホ購入前であれば内蔵ストレージの容量が大きいモデルを購入しておくと良いでしょう。

しかし、扱う容量が大きければいずれにしても内蔵ストレージでは対応できないので、外付けHDDDropBoxのようなクラウドサービスを活用することをおすすめします。





新品・中古のスマホ購入はイオシスがおすすめ!

あしゅらだでは様々なスマホ購入サイトを紹介していますが、特に購入先が決まっていない場合は「イオシス」を強くオススメしています。理由は何と言っても保証の手厚さです。

イオシスでは新品・未使用品・中古(Aランク・Bランク・Cランク)と様々な状態の端末を購入することができますが、それぞれ

 

  • 新品:メーカー保証
  • 未使用品:イオシスが6ヶ月保証
  • 中古:イオシスが3ヶ月保証(ランク問わず)
  • 購入後の「赤ロム化」はイオシスでは永久保証

 

これだけの保証期間が定められています。

 

赤ロムとは:携帯電話会社によって「ネットワーク利用制限」がかけられているスマホのこと。端末代の未払い等が赤ロム化の原因。