「Galaxy Tab S7/S7+」のサイズや重さを他のスマホと細かく比較



Samsungの2020年タブレット「Galaxy Tab S7」シリーズどれくらいのサイズなのか気になったので調べてみました。また、画面の大きさや重さ、筐体の寸法についても紹介します。

 

さらに「Galaxy Tab S7」が過去発売されたSonyのスマホと比べてどれくらいのサイズなのか、ライバル機に位置づけられる他社のスマホと比較して大きいのか・小さいのかについても解説します。

 

この記事の内容
  • 「Galaxy Tab S7」のサイズや重さ
  • 「Galaxy Tab S7」が他のスマホと比較してどれくらいの大きさなのか

「Galaxy Tab S7/S7+」のサイズ/重さ/寸法

Galaxy Tab S7/S7+
Galaxy Tab S7 Galaxy Tab S7+
画面サイズ 11.0 12.4
バッテリー容量 8,000 10,090
重さ 498g 575g
筐体寸法 253.8 x 165.3 x 6.3 mm 285 x 185 x 5.7 mm

 

基本的にサイズや重さの比較にしようと思ったのですが、サイズを比較するときはバッテリー容量も欠かせないと思ったので、バッテリー容量についても各表に加えています。

画面・筐体サイズが大きくなって、バッテリー容量が大きくなるというのは良くあることですが、時々サイズがほぼ変わらないのにバッテリー容量がグッと大きくなっていることがあります。

 

こういった変化は中々気づかない部分ですが、今までできなかったことができるようになったのだ、技術レベルが上がったのだなと想像しながら見ると、数字の表を見比べるのも楽しくなりますよ。

 

 

目次に戻る

「Galaxy Tab S7/S7+」とこれまでに発売されたGalaxyタブレットのサイズや重さを比較

デバイス名 画面サイズ[インチ] バッテリー容量[mAh] 重さ/筐体寸法
Galaxy Tab S7+ 12.4 10,090 575g/285 x 185 x 5.7 mm[Wi-Fi]
Galaxy Tab S7 11.0 8,000 498g/253.8 x 165.3 x 6.3 mm[Wi-Fi]
502g/253.8 x 165.3 x 6.3 mm[5G]
Galaxy Tab S6 10.5 7,040 420g/244.5 x 159.5 x 5.7 mm
Galaxy Tab S6 Lite 10.4 7,040 467g/244.5 x 154.3 x 7 mm
Galaxy Tab S4 10.5 7,300 482g/249.3 x 164.3 x 7.1 mm[Wi-Fi]
483g/249.3 x 164.3 x 7.1 mm[LTE]
Galaxy Tab S5e 10.5 7,040 400g/245 x 160 x 5.5 mm

 

「Galaxy Tab S7」は「Galaxy Tab S6」と比較すると
  • 画面サイズが0.5インチ大きい
  • バッテリー容量が960mAh多い
  • スマホ本体の重さが78g重たい
「Galaxy Tab S7+」は「Galaxy Tab S6」と比較すると
  • 画面サイズが1.9インチ大きい
  • バッテリー容量が3,050mAh多い
  • スマホ本体の重さが155g重たい

 

目次に戻る

「Galaxy Tab S7/S7+」と2020年主要タブレットのサイズや重さを比較

Galaxy Tab S7/S7+
Galaxy Tab S7 Galaxy Tab S7+
画面サイズ 11.0 12.4
バッテリー容量 8,000 10,090
重さ 498g 575g
筐体寸法 253.8 x 165.3 x 6.3 mm 285 x 185 x 5.7 mm

 

デバイス名 画面サイズ[インチ] バッテリー容量[mAh] 重さ/筐体寸法
Galaxy Tab S7+ 12.4 10,090 575g/285 x 185 x 5.7 mm[Wi-Fi]
Galaxy Tab S7 11.0 8,000 498g/253.8 x 165.3 x 6.3 mm[Wi-Fi]
502g/253.8 x 165.3 x 6.3 mm[5G]
iPad Pro 12.9 (2020) 12.9 9,720
(36.71Wh)
641g/280.6 x 214.9 x 5.9  mm[Wi-Fi]
643g/280.6 x 214.9 x 5.9  mm[LTE]
iPad Pro 11 (2020) 11.0 7,538
(28.65Wh)
471g/247.6 x 178.5 x 5.9  mm[Wi-Fi]
473g/247.6 x 178.5 x 5.9  mm[LTE]
iPad Air (2020) 10.9 (28.6Wh) 458g/247.6 x 178.5 x 6.1 mm[Wi-Fi]
460g/247.6 x 178.5 x 6.1 mm[LTE]
iPad 10.2 (2020) 10.2 (32.4Wh) 490g/250.6 x 174.1 x 7.5 mm[Wi-Fi]
495g/250.6 x 174.1 x 7.5 mm[LTE]

 

「Galaxy Tab S7」は「iPad Pro 11 (2020)」と比較すると
  • 画面サイズが11インチで同じ
  • バッテリー容量が約460mAh多い
  • スマホ本体の重さが27g重たい
「Galaxy Tab S7+」は「iPad Pro 12.9 (2020)」と比較すると
  • 画面サイズが0.5インチ小さい
  • バッテリー容量が370mAh多い
  • スマホ本体の重さが66g軽い

 

目次に戻る

まとめ

Samsungの2020年タブレット「Galaxy Tab S7/S7+」のサイズやバッテリー容量などを色々なスマホと比較してみました。

 

あくまで数字を基にした比較表であるため、どう評価するかは人によって様々だと思います。特にバッテリーの面では「Galaxy Tab」と「iPad」では実行OSが異なるため、バッテリー容量がイコール持ちの良さを示すわけではないのであくまで参考値としてお考えください。

 

個人的には「Galaxy Tab S7+」は10,000mAhを超える大型バッテリーを搭載しながら、「iPad Pro 12.9」(2020)よりも66g軽量である点がとても魅力的に見えます。

 

詳細をチェック!





新品・中古のスマホ購入はイオシスがおすすめ!

あしゅらだでは様々なスマホ購入サイトを紹介していますが、特に購入先が決まっていない場合は「イオシス」を強くオススメしています。理由は何と言っても保証の手厚さです。

イオシスでは新品・未使用品・中古(Aランク・Bランク・Cランク)と様々な状態の端末を購入することができますが、それぞれ

 

  • 新品:メーカー保証
  • 未使用品:イオシスが6ヶ月保証
  • 中古:イオシスが3ヶ月保証(ランク問わず)
  • 購入後の「赤ロム化」はイオシスでは永久保証

 

これだけの保証期間が定められています。

 

赤ロムとは:携帯電話会社によって「ネットワーク利用制限」がかけられているスマホのこと。端末代の未払い等が赤ロム化の原因。