PC版「CoD: Black Ops Cold War」(CoD:BOCW)ベータ版に必要な最低/推奨スペックを確認



PC版「CoD: Black Ops Cold War」(CoD:BOCW)のベータ版をプレイするために必要な最低/推奨スペックが気になったので調べてみました。また、今からゲーミングPCを購入・自作しようとしている人はどれくらいの値段を想定すれば良いのかについても紹介します。

 

PCでゲームをプレイする際にはCPUとグラボのパフォーマンスが特に重要になってくるので、製品別のパフォーマンスの違いについても調べたので載せておきます。自作PC初心者の方はどれを選ぶか不安だと思うので参考にどうぞ。

 

この記事で知ることができること

  • PC版「CoD:BOCW」のベータ版をプレイするために必要な最低/推奨スペック
  • 「CoD:BOCW」のベータ版をPC以外で遊べるプラットフォームについて
  • 今からゲーミングPCを購入するときのオススメ構成

 

PC版「CoD:BOCW」のベータ版をプレイするために必要なスペック

最低動作環境
  • OS:Windows 7 64-Bit (SP1)もしくはWindows 10 64-Bit (1803 or later)
  • CPU:Intel Core i5 2500kもしくはAMDの同等製品
  • メモリ:8GB RAM
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 670 2GB / GTX 1650 4GB / AMD Radeon HD 7950
  • ストレージ:45GB
  • DirectX:Version 12

 

推奨動作環境
  • OS:Windows 10 64bit 
  • CPU:Intel Core i7 4770kもしくはAMDの同等製品
  • メモリ:16GB RAM
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 970 4GB / GTX 1660 Super 6GB / AMD Radeon R9 390 / AMD RX 580
  • ストレージ:45GB
  • DirectX:Version 12

PC以外に「CoD:BOCW」のベータ版が遊べるプラットフォームは?

「CoD: Black Ops Cold War」(CoD:BOCW)のベータ版はプラットフォームごとに開始日が異なります。

 

ウィークエンド1(PS4):

  • 早期アクセス:10月9日午前2時~
  • (誰でも参加できる)オープンベータ:10月11日午前2時~
  • ウィークエンド1終了予定日:10月13日午前2時

 

ウィークエンド2(PS4/Xbox One/PC):

  • PS4オープンベータ・Xbox&PC早期アクセス:10月16日午前2時~
  • (誰でも参加できる)Xbox&PCオープンベータ:10月18日午前2時~
  • ウィークエンド2終了予定日:10月20日午前2時

     



    初心者でも安心して購入できるおすすめのゲーミングPCまとめ[2020年下半期]

    ここでは今からゲーミングPCを購入しようと考えているけど、具体的にどのスペックのパソコンを選べば良いのかわからない・探すのが面倒くさいという方向けに「これがオススメ!」というBTOパソコンを紹介します。何れも価格に対して優れたパフォーマンスを持つ、いわゆるコスパに優れたゲーミングPCなので、予算に応じて選んでください。

     

    ゲームの最低動作環境はあくまでも起動可能な環境であり、必ずしも快適なプレイを約束するものではありません。つまり、ストレスフリーの快適プレイを実現するには推奨動作環境を満たしたゲーミングPCを購入する必要があります。

    また、より長い期間PCを快適に使うためにもある程度余裕を持ったスペック構成を選択しておくことを強くオススメします。

     

     

    CPU選びの参考ベンチマークスコア:

     

    グラボ選びの参考ベンチマークスコア:

    <Ryzen 7 3700X&RTX2070 SUPER>のバランスモデル

    G-GEAR GA7A-F194/Tのスペック構成

    • CPU:AMD Ryzen 7 3700X
    • メモリ:16GB DDR4 (PC4-21300、8GBx2)
    • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB (HDMI×1, DisplayPort×3)
    • SSD:240GB
    • HDD:1TB
    • 電源:700W(定格650W)80PLUS BRONZE
    • OS:Windows 10 Home 64ビット

     

    どういう人に向いてる?

    • どんなゲームでも遊べるパソコンが欲しい
    • パフォーマンスと価格を両立したい

     

    パフォーマンスレベル

     

    販売価格

    • ¥170,280(税込み)

     

    このゲーミングPCは、圧倒的なコストパフォーマンスを誇るCPU「AMD Ryzen 7 3700X」を搭載し、グラボは「NVIDIA GeForce RTX 2070 Super」を搭載しています。一言でこのPCスペックを表現するなら「失敗しない」です。

    最近のAMDプロセッサは非常にコストパフォーマンスに優れており、このCPUもゲーミングPCという括りにおいてトップレベルのパフォーマンスを提供します。それでいて安い。

     

    因みにCPUとマザーボード以外同じ構成で、「Intel Core i7-10700K」を搭載するモデルもありますが、価格が¥208,780 (税込み)です。

    Intel製が好みであれば購入しても良いと思いますが、性能も価格も(約30,000円安い)G-GEAR GA7A-F194/Tの方が優れているのでこちらをオススメします。

     

    パフォーマンスと価格両面で非常にバランスの取れたモデルだと思います。迷ったらコレ。

     

     

    <Ryzen 5 3600&RTX2060>のコスパ重視モデル

    G-GEAR GA5A-D194/Tのスペック構成

    • CPU:AMD Ryzen 5 3600
    • メモリ:16GB DDR4 (PC4-21300、8GBx2)
    • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB (DVI×1, HDMI×1, DisplayPort×3)
    • SSD:240GB
    • HDD:1TB
    • 電源:550W(定格500W)[80PLUS BRONZE]
    • OS:Windows 10 Home 64ビット

     

    どういう人に向いてる?

    • 圧倒的なパフォーマンスよりコスト重視
    • 予算が限られていて可能な限りゲーミングPCを安く買いたい

    (言うまでもなくこのPCでもフルHD解像度は快適プレイOK)

     

    パフォーマンスレベル

     

    販売価格

    • ¥128,480(税込み)

     

    このモデルは、CPU「AMD Ryzen 5 3600」を搭載し、グラボは「NVIDIA GeForce RTX 2060 Super」を搭載しています。このモデルもCPUのコスパが半端じゃないモデルです。

     

    AMDのここ数年で飛躍的に性能が向上したため、まだまだそのパフォーマンスが認知されていませんが、このモデルが搭載する「AMD Ryzen 5 3600」は「Intel Core i7-9700K」よりも明らかにパフォーマンスは上です。それでいてより安価。

    グラボも「NVIDIA GeForce  RTX2060 Super」を搭載しているため、ほとんどのゲーム推奨スペックを満たしているため快適なPCプレイを楽しむことができます。

     

    このスペックでもフルHD解像度のプレイではほとんど支障なくとても快適に遊ぶことができると思います。4K解像度はタイトルによっては厳しいと思うので、予算とやりたいことに応じてグラボを1~2ランク上げたいところです。

    CPUは全く問題ないため、グラボ性能的に先々不満が出てきたらグラボだけ自分で購入して交換するという手もありますよ。

     

    一般的なプレイにおいて何の問題もないゲーミングPCが130,000円以下で購入できるため、可能な限り安くゲーミングPCを揃えたい場合良い候補になるでしょう。

     

     

    <Core i7-10700K&RTX 3080>の贅沢モデル

    G-GEAR GA7J-I202/ZTのスペック構成

    • CPU:Intel Core i7-10700K
    • メモリ:16GB DDR4 (PC4-21300、8GBx2)
    • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB (HDMI×1, DisplayPort×3)
    • SSD:500GB
    • HDD:2TB
    • 電源:750W [80PLUS GOLD]
    • OS:Windows 10 Home 64ビット

     

    どういう人に向いてる?

    • 圧倒的なパフォーマンスを実現したい
    • Ampereアーキテクチャの最新グラボ「RTX3080」で遊びたい

     

    パフォーマンスレベル

     

    販売価格

    • ¥247,280(税込み)

     

    PCのパーツは毎年新しいものが発表されるので、いつかこのハイパースペックでも動かなくなるゲームが出てくるでしょう。

    しかし、もしこのスペックを持つゲーミングPCで動かないゲームが登場した時、それは2020年までに購入したゲーミングPCは全て動かないと思ってもらって結構です。

     

    よりパフォーマンスの高いCPUやグラボも存在しますが、ゲーミングPCという括りで見ればトップレベルであることは誰も疑いません。

     

    それほどまでに圧倒的なパフォーマンスを誇ります。もしこのPCを使ってもゲームが動かない時、他のプレイヤーはもっと動きません。

    言うまでもなく、そんなタイミングが来るのはまだまだ先の話です。

     

    値段は他のモデルと比べると高いですが、より長い期間ノンストレスで快適環境を実現することができるはずです。

     

     

     

    持ち運び性を重視してゲーミングノートPCを選択する場合は、下のリンクよりラインナップを確認することができます。

    ゲーミングノートPCのラインナップを確認

     

    番外編:美しさを兼ね備えインテリアとしても映えるモデル

    Sycom G-Master Spear Z490-Miniのスペック構成

    • CPU:Intel Core i5-10600
    • メモリ:8GB DDR4
    • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB (HDMI×1, DisplayPort×3)
    • SSD:512TB
    • HDD:なし(オプションで追加OK!)
    • 電源:750W 静音電源(80PLUS GOLD)
    • OS:Windows 10 Homer 64ビット

     

    どういう人に向いてる?

    • ゲーミングPCを性能だけでなくインテリアとしても楽しみたい人
    • LEDを付けて楽しみたい人(オプション+2,420円)

     

    販売価格

    • ¥168,250(税込み)

     

     

    あれ、スペック大したこと無い?と思った方ご安心を。このスペックはあくまでもベーススペックです。Sycomではユーザーが細かくスペックを決めることができるので、これまで紹介してきたようなスペックを作成することが可能です。

     

    サイコムがゲーマーから愛される理由はその品質の圧倒的な高さです。パフォーマンスは選ぶパーツによりますが、サイコムはパーツの配線までこだわるためケースの中を見ると非常に美しさを感じることができます。

     

    自作PCに慣れている方は裏配線と呼ばれる言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、表からは余計な配線が見えなくなる工夫が施されています。これにより、美しさだけでなくマメな掃除も非常にやりやすくなります。

     

    また、サイコムには冷却性能を重視したモデルも多くあるので、冷却性能もこだわりたい!と思う方はラインナップを確認してみてください。どうしても値段は膨らみますが、それだけ満足度も高いはずです。

     

     

     

    番外編なのでここでは1つだけ紹介しましたが、サイコムには他にも沢山のラインナップがありますので、興味があれば下のリンクより確認してみてください。

    サイコムのゲーミングPCラインナップを確認

     

     



    【予算別】自作PC初心者向けにオススメ構成をいくつか提案

    CPUのベンチマークスコア:パフォーマンスの違いを比較

    出典:PASSMARKSOFTWARE

     

    グラボのベンチマークスコア:パフォーマンスの違いを比較

    出典:PASSMARKSOFTWARE

     

    15万円以内でゲーミングPCを作るなら

     

    25万円以内でゲーミングPCを作るなら

     

     

    「いいね!」ボタンをタップしてね