「iPhone 12」のチップセット(CPU)は何?性能をベンチマーク(Geekbench)で比較



Appleのスマホ「iPhone 12」の搭載チップセット(CPU&GPU)が気になったので調べてみました。

 

また、「iPhone 12」が搭載しているチップセットの処理性能を調べ、過去発売されたスマホと比較してどれくらい性能が向上したのかについても紹介します。

 

この記事の内容
  • 「iPhone 12」の搭載チップセット(CPU&GPU)について
  • 搭載チップセット「A14 Bionic」の性能をベンチマークスコアで比較

「iPhone 12」に搭載されているチップセット(CPU&GPU)

iPhone 12

  • チップセット:Apple A14 Bionic(5nm)
    • CPU:Hexa-core (2x3.1GHz Firestorm + 4x1.8GHz Icestorm)
    • GPU:Apple GPU
    • 5G対応/非対応?:対応

 

「iPhone 12」シリーズにはApple製の2020年フラッグシップモデル向けチップセット「A14 Bionic」が搭載されています。

 

「iPhone 12」の性能をGeekbenchスコアで比較

iPhone 12(A14 Bionic)のGeekbench5スコア
  • シングルコアスコア:1,601
  • マルチコアスコア :4,117

 

さて、このベンチマークスコアだけではいまいち「iPhone 12」シリーズの処理性能がどれくらい向上したのかわからないと思うので、これまでに発売されたiPhoneのGeekbenchスコアと比較してみることにします。

 

デバイス名 シングルコアスコア マルチコアスコア
iPhone 12シリーズ
(A14 Bionic)
1,601 4,117
iPhone 11シリーズ
(A13 Bionic)
1,335 3,531
iPhone XS
(A12 Bionic)
1,117 2,901
iPhone X
(A11 Bionic)
931 2,459
iPhone 8
(A11 Bionic)
929 2,273
iPhone 7
(A10 Fusion)
766 1,375

 

上記スコアを見てみると、

「iPhone 12」の処理性能は:
  • 「iPhone 11」シリーズの約1.16倍
  • 「iPhone XS」の約1.42倍
  • 「iPhone X」の約1.67倍
  • 「iPhone 7」の約2.99倍

 

まとめ

実体験として、チップセットが2世代違うと何をするにも違いを感じます。アプリ一覧を開く間やブラウザを立ち上げる時間、もちろんゲームの処理性能、とにかくあらゆる動作が軽快になったと感じます。

 

スマホの買い替えは人によって様々なタイミングがありますが、チップセットの処理性能だけを見ても前回スマホを購入してから2年以上経過していれば買い替えの価値はあると思いますよ。

 

詳細をチェック!









新品・中古のスマホ購入はイオシスがおすすめ!

あしゅらだでは様々なスマホ購入サイトを紹介していますが、特に購入先が決まっていない場合は「イオシス」を強くオススメしています。理由は何と言っても保証の手厚さです。

イオシスでは新品・未使用品・中古(Aランク・Bランク・Cランク)と様々な状態の端末を購入することができますが、それぞれ

 

  • 新品:メーカー保証
  • 未使用品:イオシスが6ヶ月保証
  • 中古:イオシスが3ヶ月保証(ランク問わず)
  • 購入後の「赤ロム化」はイオシスでは永久保証

 

これだけの保証期間が定められています。

 

赤ロムとは:携帯電話会社によって「ネットワーク利用制限」がかけられているスマホのこと。端末代の未払い等が赤ロム化の原因。