「Xiaomi Redmi Note 9T」のチップセット(CPU)は何?性能をベンチマーク(Geekbench)で比較



Xiaomiのスマホ「Redmi Note 9T」の搭載チップセット(CPU&GPU)が気になったので調べてみました。

 

また、「Redmi Note 9T」が搭載しているチップセットの処理性能を調べ、過去発売されたスマホと比較してどれくらい性能が向上したのかについても紹介します。

 

この記事の内容
  • 「Redmi Note 9T」の搭載チップセット(CPU&GPU)について
  • 搭載チップセット「MediaTek Dimensity 800U」の性能をベンチマークスコアで比較
詳細をチェック!

「Xiaomi Redmi Note 9T」に搭載されているチップセット(CPU&GPU)

Redmi Note 9T

  • チップセット:MediaTek Dimensity 800U(7nm)
    • CPU:Octa-core (2x2.4 GHz Cortex-A76 & 6x2.0 GHz Cortex-A55)
    • GPU:Mali-G57 MC3
    • 5G対応/非対応?:対応

 

「Redmi Note 9T」にはMediaTek製のミドルレンジモデル向けチップセット「Dimensity 800U」が搭載されています。

 

「Xiaomi Redmi Note 9T」の性能をGeekbenchスコアで比較

Xiaomi Redmi Note 9T(MediaTek Dimensity 800U)のGeekbench5スコア
  • シングルコアスコア:584
  • マルチコアスコア :1,774

 

このベンチマークスコアだけではいまいち「Redmi Note 9T」の処理性能がどれくらいの性能を持つのかわからないと思うので、Xiaomiがこれまでに日本で発売した様々なスマホのGeekbenchスコアと比較してみたいと思います。

 

デバイス名 シングルコアスコア マルチコアスコア
Redmi Note 10 Pro
(Snapdragon 732G)
564 1,788
Redmi Note 9T
(MediaTek Dimensity 800U)[5G対応]
584 1,774
Redmi 9T
(Snapdragon 662)
314 1,345
Redmi Note 9S
(Snapdragon 720G)
568 1,764
Mi 10 Lite
(Snapdragon 765G)[5G対応]
613 1,860
Mi Note 10 Lite
(Snapdragon 730G)
545 1,697
Mi Note 10/Mi Note 10 Pro
(Snapdragon 730G)
536 1,667

 

上記スコアを見てみると、

「Redmi Note 9T」の処理性能は:
  • 2021年ミドルレンジモデル「Redmi 9T」の約1.31倍
  • 2020年ミドルレンジモデル「Redmi Note 9S」の約1.005倍(ほぼ同じ)
  • 2020年ミドルレンジモデル「Mi 10 Lite」の約0..95
  • 2020年ミドルレンジモデル「Mi Note 10 Lite」の約1.04倍

 

実際の処理性能は同じチップセットを搭載していても各メーカーの作り込みによって異なりますが、参考までにこれらチップセットを搭載する主要スマホを紹介します。以下のテーブルの中に今使っているスマホが書かれていればよりイメージしやすいはずです。

 

(タップで一覧が表示されますよ!)

チップセット別主要スマホ一覧

性能順ではありません

チップセット名 主要搭載スマホ
Snapdragon 888 Galaxy S21シリーズ,
Xperia 1Ⅲ,
OnePlus 9シリーズ,

Xiaomi Mi11シリーズ
Snapdragon 865 Galaxy S20シリーズ, Galaxy Note20シリーズ
Sony Xperia 1 Ⅱ, Xperia 5 Ⅱ
AQUOS R5G
ARROWS 5G F-51A

OnePlus 8シリーズ
ASUS Zenfone 7
Xiaomi Mi 10シリーズ
OPPO Find X2 Pro
Snapdragon 855+ OnePlus 7T
ASUS ROG Phone Ⅱ
Xiaomi Black Shark 2 Pro
Snapdragon 855 Galaxy S10シリーズ, Galaxy Note10シリーズ, Galaxy Fold
Sony Xperia 1, Xperia 5
AQUOS R3, Zero2

OnePlus 7/7Pro
Google Pixel 4/4XL
ASUS Zenfone 6
Xiaomi Mi 9
OPPO Reno 10x Zoom
Snapdragon 845 Galaxy S9シリーズ, Galaxy Note9
Sony Xperia XZ2, XZ3
AQUOS R2
OnePlus 6/6T
Google Pixel 3/3XL
Xiaomi Mi 8
Huawei P20 Pro
ASUS Zenfone 5z
Snapdragon 835 Galaxy S8シリーズ, Galaxy Note8
Sony Xperia XZ Premium, XZ1 XZ1C
AQUOS R
Google Pixel 2/2XL
OnePlus 5/5T
Xiaomi Mi 6
Razer Phone
ASUS Zenfone 4 Pro
Snapdragon 820 Galaxy S7シリーズ
Sony Xperia XZ, XZs, X Performance
AQUOS P1
OnePlus 3/3T
Xiaomi Mi 5
Snapdragon 765G Google Pixel 5, 4a 5G
AQUOS zero5G basic

OPPO Reno4, Reno4 Pro
OnePlus Nord

 

 

まとめ

「Xiaomi Redmi Note 9T」は同じXiaomiスマホのGeekbenchスコアと比較するとおおよそ同じ処理性能を持っていることが確認できます。

 

日本未投入のフラッグシップモデルを含めるとより良い性能を持つスマホは複数ありますが、日本投入モデルで比較すると処理性能の面で大きな違いはないようです。

 

2021年春現在Xiaomiが日本で発売しているスマホの内、5G通信に対応するモデルは「Redmi Note 9T」と「Mi 10 Lite」の2機種のみです。

 

まだまだ数少ない低価格帯の5G対応スマホとなるので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

詳細をチェック!





新品・中古のスマホ購入はイオシスがおすすめ!

あしゅらだでは様々なスマホ購入サイトを紹介していますが、特に購入先が決まっていない場合は「イオシス」を強くオススメしています。理由は何と言っても保証の手厚さです。

イオシスでは新品・未使用品・中古(Aランク・Bランク・Cランク)と様々な状態の端末を購入することができますが、それぞれ

 

  • 新品:メーカー保証
  • 未使用品:イオシスが6ヶ月保証
  • 中古:イオシスが3ヶ月保証(ランク問わず)
  • 購入後の「赤ロム化」はイオシスでは永久保証

 

これだけの保証期間が定められています。

 

赤ロムとは:携帯電話会社によって「ネットワーク利用制限」がかけられているスマホのこと。端末代の未払い等が赤ロム化の原因。