「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」の違いを比較:どっちを買う?




Xiaomiの「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」のスペックや違いが気になり調べたので細かく比較します。

そこで今回は「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」の特徴の違いや価格差、具体的に何が違うのかを見ていきたいと思います。また、5Gスマホを日本で購入する時に知っておきたい重要なポイントについても解説します。

 

この記事の内容
  • 「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」のスペックや違いの比較
  • 日本で5Gスマホを買う時に注意しておくべきバンド事情

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」の特徴的なポイント

Redmi Note 11 Pro 5G
Xperia 10 IV
Redmi Note 11 Pro 5G
  • 画面:6.67インチ 120Hz FHD+ [AMOLED](フラット)

  • チップセット:Snapdragon 695 5G

  • 充電速度:67W

  • ワイヤレス充電:非対応

  • バッテリー容量:5,000mAh

  • カメラ(背面):108MP+8MP+2MP

  • カメラ(前面):16MP

  • 防水性能:IP53規格

  • 5G通信:対応

Xperia 10 IV
  • 画面:6.0インチ 60Hz FHD+ [OLED](フラット)
  • チップセット:Snapdragon 695
  • 充電速度:18W(※10 IIIと同じであれば)
  • ワイヤレス充電:非対応
  • バッテリー容量:5,000mAh
  • カメラ(背面):12MP+8MP+8MP
  • カメラ(前面):8MP
  • 防水性能:IP68
  • 5G通信:対応

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」のどっちを買うか迷っている場合に把握しておきたい2つの大きな違いは画面周りや充電速度、そしてカメラ性能が挙げられます。

 

目次に戻る

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」:スペック比較

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」のスペック・仕様

両モデルの特徴を上に書きましたが、ここではより細かなスペックについて紹介します。寸法や重さなど細かな違いを見比べてみてください。

 

ハードウェア
Redmi Note 11 Pro 5G Xperia 10 IV
寸法 164.19 x 76.1 x 8.12 mm, 202g 153 x 67 x 8.3 mm, 161g
ディスプレイ

サイズ:6.67インチ
解像度:2400 x 1080 (395ppi)
リフレッシュレート:120Hz
アスペクト比:20:9
パネル:AMOLED
カバーガラス:Corning Gorilla Glass 5
サイズ:6.0インチ
解像度:2520 x 1080 (457ppi)
リフレッシュレート:60Hz
アスペクト比:21:9
パネル:OLED
カバーガラス:Corning Gorilla Glass Victus
HDR対応
カラーリング アトランティックブルー
グラファイトグレー
ポーラーホワイト
ブラック
ホワイト
ミント
ラベンダー(docomo限定)
SIM形状 デュアルSIM(nano+eSIM) シングルSIM(nano) or
ハイブリッドデュアルSIM(nano)
システム・ソフトウェア
チップセット Qualcomm Snapdragon 695 5G Qualcomm Snapdragon 695
CPU Kryo 660
Kryo 660
GPU Adreno 619
Adreno 619
OS MIUI 13(Android 11) Android 12
メモリ・ストレージ
メモリ 6GB(LPDDR4X) 6GB
ストレージ 128GB(UFS2.2) 128GB
マイクロSD microSDXC ~1TB microSDXC ~1TB
カメラ
リア
(背面)
①メイン:108MP, f/1.9
②超広角:8MP, f/2.2, 118°
③マクロ:2MP, f/2.4
①メイン:12MP, f/1.8, 27mm, OIS
②超広角:8MP, f/2.2, 16mm
③望遠:8MP, f/2.2, 54mm, 光学2倍ズーム
フロント
(前面)
①メイン:16MP, f/2.4 ①メイン:8MP, f/2.0, 27mm
バッテリー
バッテリー容量 5,000mAh 5,000mAh
充電[有線] 67W 18W(※10 IIIと同じであれば)
充電[ワイヤレス]

非対応 非対応
ポート USB-C USB-C
ネットワーク
4G/LTE B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 26, 28, 38, 40, 41, 42 B1, 3, 4, 5, 7, 8, 20, 28, 38, 39, 40, 41
5G n3, n28, n41, n77, n78 n1, n3, n7, n8, n28, n38, n41, n77, n78, n79
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth v5.1 Bluetooth v5.1
備考 ※上記バンドは国内版
※上記バンドはアジア版
キャリア別対応表は下記を確認してください
機能・センサー
生体認証 指紋認証(側面), 顔認証 指紋認証
防水性能 IP53 IP68
イヤホンジャック

対応 対応
NFC 対応 対応
主要購入先
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G 日本語版 6GB+128GB SIMフリースマートフォン NFC FeliCa対応 6.67インチ 120Hz有機ディスプレイ 1億800万画素カメラ 5000mAh大容量バッテリー 67W急速充電対応 グラファイトグレー【日本正規代理店品】 -
- Xperia 10 IV
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G Xperia 10 IV
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G -
イオシス Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G Xperia 10 IV

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」の処理性能をベンチマークスコアで比較

Geekbenchとはそのデバイスが搭載するプロセッサの処理性能を評価するベンチマークです。このスコアからそのスマホの処理性能がどれくらいであるのかを測ることができます。

 

  • Redmi Note 11 Pro 5G:Qualcomm Snapdragon 695 5G
  • Xperia 10 IV:Qualcomm Snapdragon 695 5G

 

※テスト環境によりスコアは前後するためあくまで参考値

シングルコアスコア マルチコアスコア
Redmi Note 11 Pro 5G 693 2,071
Xperia 10 IV 665 1,878

 

Redmi Note 11 Pro 5GとXperia 10 IVの処理性能は:

  • 「Redmi Note 11 Pro 5G」の方が約1.1倍高い

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」を過去のスマホと比較すると処理性能には以下の差があることが分かります。

「Redmi Note 11 Pro 5G」は処理性能が
  • 「Redmi Note 10 Pro」の約1.16倍
  • 「Redmi Note 11」の約1.2倍
  • 「Redmi Note 10T」の約1.23倍
  • 「Xiaomi Mi 10 Lite」の約1.2倍
  • 「Xiaomi 10T Pro」の約0.66倍
「Xperia 10 IV」は処理性能が
  • 「Xperia 10 III」の約1.15倍
  • 「Xperia 10 II」の約1.4倍
  • 「Xperia 10」の約1.81倍

 

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」のバッテリー容量を比較

  • Redmi Note 11 Pro 5G:5,000mAh
  • Xperia 10 IV:5,000mAh

 

バッテリー容量がそのままバッテリーの持ちの良さを示すわけではありませんが、数値上バッテリーに違いはありません。

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」を過去のスマホと比較するとバッテリー容量には以下の違いがあることが分かります。

「Redmi Note 11 Pro 5G」のバッテリー容量は:
  • 「POCO F4 GT」より300mAh多い
  • 「Xiaomi 11T Pro」と同じ
  • 「Redmi Note 11」と同じ
  • 「Redmi Note 10 Pro」より20mAh少ない
「Xperia 10 IV」のバッテリー容量は:
  • 「Xperia 10 III」より500mAh多い
  • 「Xperia 10 II」より1,400mAh多い
  • 「Xperia 10」より2,130mAh多い

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」のサイズ・重さ・寸法を比較

Redmi Note 11 Pro 5G Xperia 10 IV
画面サイズ 6.67インチ 6.0インチ
バッテリー容量 5,000mAh 5,000mAh
重さ 202g 161g
筐体寸法 164.19 x 76.1 x 8.12 mm 153 x 67 x 8.3 mm
「Redmi Note 11 Pro 5G」は「Xperia 10 IV」と比較すると
  • 画面サイズが0.67インチ大きい
  • バッテリー容量が5,000mAhで同じ
  • スマホ本体の重さが41g重たい

 

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」のカメラ比較

リア(背面)カメラの違い

リアカメラ
Redmi Note 11 Pro 5G ①メイン:108MP, f/1.9
②超広角:8MP, f/2.2, 118°
③マクロ:2MP, f/2.4
Xperia 10 IV ①メイン:12MP, f/1.8, 27mm, OIS
②超広角:8MP, f/2.2, 16mm
③望遠:8MP, f/2.2, 54mm, 光学2倍ズーム

 

フロント(前面)カメラの違い

フロントカメラ
Redmi Note 11 Pro 5G ①メイン:16MP, f/2.4
Xperia 10 IV ①メイン:8MP, f/2.0, 27mm

 

 

目次に戻る

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」対応バンドを比較:どの地域のモデルを買えばいいの?

5G通信の対応バンドに関して知っておきたいこと

日本で5G通信のために使用される周波数帯は3.6GHz~4.6GHzとなっており、それぞれキャリアごとに以下の周波数帯が割り当てられています。

 

バンド 周波数 キャリア
n77 3.6~3.7GHz NTTドコモ
n77 3.7~3.8GHz au
n77 3.8~3.9GHz 楽天
n77 3.9~4.0GHz Softbank
n77 4.0~4.1GHz au
n78 3.3~3.8GHz NTTドコモ, au
n79 4.5~4.6GHz NTTドコモ

 

各バンドがカバーする周波数は以下の通り。

n77 3.6~4.1GHz
n78 3.3~3.8GHz
n79 4.5~4.6GHz

 

つまりどういうことか。

 

購入しようとしているスマホの5G対応バンドが「n78」のみの場合:

この場合は3.3~3.8GHzを使用することができるということです。これを考慮した対応テーブルが以下の通り。

対応可否 周波数 キャリア
3.6~3.7GHz NTTドコモ
3.7~3.8GHz au
× 3.8~3.9GHz 楽天
× 3.9~4.0GHz Softbank
× 4.0~4.1GHz au
3.3~3.8GHz NTTドコモ, au
× 4.5~4.6GHz NTTドコモ

 

購入しようとしているスマホの5G対応バンドが「n77」のみの場合:

この場合は3.6~4.1GHzを使用することができるということ。これを考慮した対応テーブルが以下の通り。

対応可否 周波数 キャリア
3.6~3.7GHz NTTドコモ
3.7~3.8GHz au
3.8~3.9GHz 楽天
3.9~4.0GHz Softbank
4.0~4.1GHz au
3.3~3.8GHz NTTドコモ, au
× 4.5~4.6GHz NTTドコモ

 

結論として:

  • docomoの5G通信を利用するならn77もしくはn78が必須
  • auの5G通信を利用するならn77もしくはn78が必須
  • Softbankの5G通信を利用するならn77が必須
  • 楽天モバイルの5G通信を利用するならn77が必須

 

ミリ波は全キャリア「n257」バンドを利用するため、購入しようとしているスマホの対応バンドに「n257」があればミリ波対応と考えてOKです。

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」の4G/5G対応バンド

(※各キャリアの必須バンドに対応している場合を「対応」と表記しています)

Redmi Note 11 Pro 5G
[国内版]
4G/LTE:B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 26, 28, 38, 40, 41, 42
5G:n3, n28, n41, n77, n78
docomo,
docomo系MVNO
4G/LTE:B1, 3, 19, 21, 28, 42 対応
5G:n77, n78, n79, n257[ミリ波] 対応
au,
UQ Mobile
4G/LTE:B1, 3, 11, 18, 26, 28, 41, 42 対応
5G:n77, n78, n257[ミリ波] 対応
Softbank,
Yモバイル
4G/LTE:B1, 3, 8, 11, 28, 41, 42 対応
5G:n77, n257[ミリ波] 対応
楽天モバイル 4G/LTE:B3, 18 対応
5G:n77, n257[ミリ波] 対応

 

上記対応バンド表は日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」のものとなります。

 

 

詳細をチェック!

「Xperia 10 IV」の4G/LTE対応バンド

(※各キャリアの必須バンドに対応している場合を「対応」と表記しています)

Xperia 10 IV
[アジア版] [Snapdragon 695]

4G/LTE:B1, 3, 4, 5, 7, 8, 20, 28, 38, 39, 40, 41
5G:n1, n3, n7, n8, n28, n38, n41, n77, n78, n79
docomo,
docomo系MVNO
4G/LTE:B1, 3, 19, 21, 28, 42 一部対応
5G:n77, n78, n79, n257[ミリ波] 対応
au,
UQ Mobile
4G/LTE:B1, 3, 11, 18, 26, 28, 41, 42 一部対応
5G:n77, n78, n257[ミリ波] 対応
Softbank,
Yモバイル
4G/LTE:B1, 3, 8, 11, 28, 41, 42 対応
5G:n77, n257[ミリ波] 対応
楽天モバイル 4G/LTE:B3, 18 一部対応
5G:n77, n257[ミリ波] 対応

 

上記対応バンド表はアジア版「Xperia 10 IV」のものとなります。他の地域で購入を検討している方は地域別・キャリア別の対応バンドの違いをまとめている下記記事をチェックしてください。

 

 

詳細をチェック!
目次に戻る

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」の色・カラーリングの違い

「Redmi Note 11 Pro 5G」の色・カラーリング

 

「Redmi Note 11 Pro 5G」には3つのカラーリングが用意されており、それぞれ

 

  • アトランティックブルー
  • グラファイトグレー
  • ポーラーホワイト

 

と名付けられています。

 

詳細をチェック!

「Xperia 10 IV」の色・カラーリング

※「Xperia 10 IV」に用意されているカラーリングは地域により異なります。

 

「Xperia 10 IV」には4つのカラーリングが用意されており、それぞれ

 

  • ブラック
  • ホワイト
  • ミント
  • パープル(docomo限定)

 

と名付けられています。

 

詳細をチェック!
目次に戻る

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Xperia 10 IV」:価格比較&購入先

デバイス名
Redmi Note 11 Pro 5G Xperia 10 IV
主要購入先
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G 日本語版 6GB+128GB SIMフリースマートフォン NFC FeliCa対応 6.67インチ 120Hz有機ディスプレイ 1億800万画素カメラ 5000mAh大容量バッテリー 67W急速充電対応 グラファイトグレー【日本正規代理店品】 -
- Xperia 10 IV
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G Xperia 10 IV
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G -
イオシス Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G Xperia 10 IV

 

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 



新品・中古のスマホ購入はイオシスがおすすめ!

あしゅらだでは様々なスマホ購入サイトを紹介していますが、特に購入先が決まっていない場合は「イオシス」を強くオススメしています。理由は何と言っても保証の手厚さです。

イオシスでは新品・未使用品・中古(Aランク・Bランク・Cランク)と様々な状態の端末を購入することができますが、それぞれ

 

  • 新品:メーカー保証
  • 未使用品:イオシスが6ヶ月保証
  • 中古:イオシスが3ヶ月保証(ランク問わず)
  • 購入後の「赤ロム化」はイオシスでは永久保証

 

これだけの保証期間が定められています。

 

赤ロムとは:携帯電話会社によって「ネットワーク利用制限」がかけられているスマホのこと。端末代の未払い等が赤ロム化の原因。