予算50万円で買える高性能ゲーミングPCおすすめ3選




ゲーミングPCを買う理由はPCでゲームをプレイしたい、遊びたいゲームがPCでしかプレイできないなど理由は様々です。しかしいざゲーミングPCを購入しようとなると、数が多くてどれが良いのか迷われる方も多いと思います。

 

そこで今回は価格を50万円以内に抑えたい方におすすめのゲーミングPCを紹介します。

 

多種多様な用途で購入されるPCですが、予算内で今からゲーミングPCを購入しようとしている方、気になっている方はぜひ読み進めて参考になればと思います。

 

この記事の内容
  • ゲーミングPCを購入するときの選び方簡単まとめ
  • 50万円以下で買えるおすすめのゲーミングPC3選

ゲーミングPCの選び方簡単まとめ表

ゲーミングPCの選び方を簡単にまとめると:

CPUの選び方:

  • 制御・演算処理を担当するPCにおける最重要パーツ。CPUの性能があらゆる動作の快適度に直結
  • ゲーミングPCやクリエイターPCを購入するのであればCPUは最低でも最新世代の「Intel Core i5」「AMD Ryzen 5」シリーズ以上

 

マザーボードの選び方:

  • Intel製CPUの場合、オーバークロックするのであればZシリーズ以上、しないのであればBシリーズ以上
  • AMD製CPUの場合、オーバークロックするのであればXシリーズ、しないのであればBシリーズ以上
  • マザーボードのグレードはCPUとグラボよりも優先度が低いため、予算に合わせてグレードを上げれば良い

 

グラフィックボード(グラボ)の選び方:

  • グラボは迷わずNVIDIA
  • 予算を優先させるなら「NVIDIA GeForce GTX 1660」系
  • 性能を優先させるなら「NVIDIA GeForce RTX 3060」以上

 

メモリ容量の選び方:

  • どれだけ少なくても8GB
  • あまり価格が変わらないため基本的に16GBがオススメ
  • メモリの速度が違うと実行される処理に違いは出るが、CPUやグラボの性能のほうが遥かに重要度が高い

 

ストレージ(保存容量)の選び方:

  • SSDとHDDの両方を使うことをオススメ
  • OSは迷わずSSDに。読み込み・書き込み速度が重要じゃないデータはHDDに

 

電源の選び方:

  • 一般的に各パーツの消費電力を合計しその2倍の容量にすると良い
  • 電源は基本的に多めに搭載しておくのがベター

    50万円以下で買えるおすすめゲーミングPC3選

    1.「G-Tune HP-Z [ Windows 11 ]」【i9-12900KF/RTX 3080 Ti】

     

    G-Tune HP-Z (プレミアムモデル) [ Windows 11 ]の主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i9-12900KF
    メモリ(RAM) DDR4-3200 32GB(16GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti(12GB)
    SSD 1TB(NVMe)
    HDD 4TB
    電源 1000W(80PLUS PLATINUM)
    OS Windows 11 Home 64bit

     

    このゲーミングPCの特徴は非常に強力な性能を持つグラボ「GeForce RTX 3080 Ti」が搭載されていることで、4K解像度でのゲームプレイを快適にこなせるところにあります。また、Intelの最高峰CPU「Core i9-12900KF」の搭載により複数の処理を同時に行えるため、ゲームプレイはもちろん実況配信などでもストレスなく行える事も魅力の一つです。

     

    最新のCPU「Core i9-12900KF」と優秀な性能を持つ「GeForce RTX 3080 Ti」の最高設定でゲームをプレイしたい方におすすめのモデルです。

     

    目次に戻る

    2.「ZEFT R32B」【Ryzen 9 5950X/RTX 3070】

     

    ZEFT R32Bの主要スペック:公式スペック
    CPU AMD Ryzen 9 5950X
    メモリ(RAM) DDR4-3200 32GB(16GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070(8GB)
    SSD 500GB(NVMe)
    HDD 2TB
    電源 750W(80PLUS GOLD)
    OS Windows 11 Pro 64bit

     

    このゲーミングPCはグラボにNVIDIAの「GeForce RTX 3070」が搭載されており、4K解像度でのゲームプレイにはやや性能が足りませんが、フルHDやWQHDでは最高画質設定で快適にプレイ出来る性能を持っています。また、CPUにはAMDの最先端技術が詰まった「Ryzen 9 5950X」を搭載。最新のゲームプレイや多様な制作作業などなど、高度な性能を維持したまま進める事が出来る性能を誇ります。

     

    CPUクーラーには水冷式が採用されており、空冷式より優れた冷却性能と静音性を持っているため、高性能なCPUにピッタリかつ静かな環境で作業を行いたい方におすすめです。

     

    目次に戻る

    3.「G-Tune HP-Z(Core i7-11700K)」【i7-11700K/RTX 3080 Ti】

     

    G-Tune HP-Zの主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i7-11700K
    メモリ(RAM) DDR4-3200 32GB(16GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti(12GB)
    SSD 1TB(NVMe)
    HDD 4TB
    電源 800W(80PLUS TITANIUM)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCの特徴は、同じシリーズである「G-Tune HP-Z-CM-SP」のCPUを「i9」からコストパフォーマンスに優れる「i7-11700K」に変えることで、購入しやすい価格を実現していることでしょう。それでいて、4K解像度でのゲームプレイも可能なNVIDIAの上位モデルである「GeForce RTX 3080 Ti」が搭載されている点も魅力的です。メモリも大容量の「32GB」が搭載されているため、ゲームはもちろん動画編集などもスムーズに出来ます。

     

    ストレージもHDDより読み込みが早いSSDの「1TB」が搭載されており、多くのゲームをロード時間が短い環境でプレイが可能です。ゲーム中にゲーム以外の要素でストレスを感じたくない方におすすめのモデルです。

     

    目次に戻る