予算15万円で買える安くて高性能のおすすめゲーミングPC5選



ゲーミングPCを買う理由はPCでゲームをプレイしたい、遊びたいゲームがPCでしかプレイできないなど理由は様々です。しかしいざゲーミングPCを購入しようとなると、数が多くてどれが良いのか迷われる方も多いと思います。

 

そこで今回は価格を15万円以内に抑えたい方におすすめのゲーミングPCを紹介します。

 

多種多様な用途で購入されるPCですが、予算内で今からゲーミングPCを購入しようとしている方、気になっている方はぜひ読み進めて参考になればと思います。

 

この記事の内容
  • ゲーミングPCを購入するときの選び方簡単まとめ
  • 15万円以下で買えるおすすめのゲーミングPC5選

ゲーミングPCの選び方簡単まとめ表

ゲーミングPCの選び方を簡単にまとめると:

CPUの選び方:

  • 制御・演算処理を担当するPCにおける最重要パーツ。CPUの性能があらゆる動作の快適度に直結
  • ゲーミングPCやクリエイターPCを購入するのであればCPUは最低でも最新世代の「Intel Core i5」「AMD Ryzen 5」シリーズ以上

 

マザーボードの選び方:

  • Intel製CPUの場合、オーバークロックするのであればZシリーズ以上、しないのであればBシリーズ以上
  • AMD製CPUの場合、オーバークロックするのであればXシリーズ、しないのであればBシリーズ以上
  • マザーボードのグレードはCPUとグラボよりも優先度が低いため、予算に合わせてグレードを上げれば良い

 

グラフィックボード(グラボ)の選び方:

  • グラボは迷わずNVIDIA
  • 予算を優先させるなら「NVIDIA GeForce GTX 1660」系
  • 性能を優先させるなら「NVIDIA GeForce RTX 3060」以上

 

メモリ容量の選び方:

  • どれだけ少なくても8GB
  • あまり価格が変わらないため基本的に16GBがオススメ
  • メモリの速度が違うと実行される処理に違いは出るが、CPUやグラボの性能のほうが遥かに重要度が高い

 

ストレージ(保存容量)の選び方:

  • SSDとHDDの両方を使うことをオススメ
  • OSは迷わずSSDに。読み込み・書き込み速度が重要じゃないデータはHDDに

 

電源の選び方:

  • 一般的に各パーツの消費電力を合計しその2倍の容量にすると良い
  • 電源は基本的に多めに搭載しておくのがベター

    15万円以下で買えるおすすめゲーミングPC5選

    1.「G-Tune EL-B」【i5-11400F/GTX 1660】

    カテゴリー:

     

    G-Tune EL-Bの主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i5-11400F
    メモリ(RAM) DDR4-3200 16GB(8GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce GTX 1660(6GB)
    SSD 512GB(NVMe)
    HDD なし(オプションで追加可能)
    電源 500W(80PLUS BRONZE)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCは、本体が比較的小さいミニタワーと呼ばれる大きさで、机の上に置いても邪魔にならないコンパクトなサイズ感となっております。

     

    また、小さな見た目とは裏腹に「Intel Core i5-11400F」と「NVIDIA GeForce GTX 1660」が搭載されており4K解像度でのプレイには性能が不足しておりますが、フルHDでの快適なプレイや動画編集/実況配信など幅広く対応できるため、ゲーミングPC初心者でも手を出しやすく、価格も性能に比べて安いところが魅力です。

     

    目次に戻る

    2.「G-Tune PL-B」【i5-11400F/GTX 1650】

    カテゴリー:

     

    G-Tune PL-Bの主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i5-11400F
    メモリ(RAM) DDR4-3200 16GB(8GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce GTX 1650(4GB)
    SSD 512GB(NVMe)
    HDD なし(オプションで追加可能)
    電源 500W(80PLUS BRONZE)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCは、本体が比較的小さいミニタワーと呼ばれる大きさで、机の上に置いても邪魔にならないコンパクトなサイズ感となっております。

     

    性能的には「G-Tune EL-B」と殆ど変わりませんが、グラボが「NVIDIA GeForce GTX 1660」から「NVIDIA GeForce GTX 1650」に変わったことで、価格もその分手頃なものになっております。

     

    このゲーミングPCの「Intel Core i5-11400F」と「NVIDIA GeForce GTX 1650」という組み合わせは、価格を抑えつつフルHDでの快適なプレイを実現できることから、初めてのゲーミングPCにおすすめできる性能と価格のバランス、いわゆるコスパの良いモデルと言えます。(より価格重視のモデル)

     

    目次に戻る

    3.「G-Tune PL-B-1050Ti」【i5-11400F/GTX 1050Ti】

    カテゴリー:

     

    G-Tune PL-B-1050Tiの主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i5-11400F
    メモリ(RAM) DDR4-3200 16GB(8GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti(4GB)
    SSD 256GB(NVMe)
    HDD なし(オプションで追加可能)
    電源 500W(80PLUS BRONZE)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCは、本体が比較的小さいミニタワーと呼ばれる大きさで、机の上に置いても邪魔にならないコンパクトなサイズ感となっております。

     

    性能的には「G-Tune PL-B」より更にグラボの性能を落としたモデルとなっており、価格もそれに合わせて安くなっていますが、ゲーミングPCを長く使うという観点から見ると少しでもゆとりのある性能にしておきたいところ。予算が限定的な場合は妥協点ですが、予算上限を上げられる方は1段階でもより性能の良いグラボを選んでおくことで短期間でのPC買い替えを避け、結果的に余計な出費を抑えることに繋がります。

     

    目次に戻る

    4.「G-Tune PM-A-1050Ti」【Ryzen-5 5600X/GTX 1050Ti】

     

    G-Tune PM-A-1050Tiの主要スペック:公式スペック
    CPU AMD Ryzen 5 5600X
    メモリ(RAM) DDR4-3200 8GB(8GBx1)
    グラボ NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti(4GB)
    SSD 256GB(NVMe)
    HDD なし(オプションで追加可能)
    電源 500W(80PLUS BRONZE)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCは、本体が比較的小さいミニタワーと呼ばれる大きさで、机の上に置いても邪魔にならないコンパクトなサイズ感となっております。

     

    このモデルの最大の特徴は130,000円台ながらAMDの「Ryzen 5 5600X」が搭載されていることで、あらゆる動作を軽快にこなすことができます。

     

    よりゲーム用途での利用の場合はメモリ容量を8GBから16GBへとアップグレードしたいところですが、よほどヘビーなゲームでなければ基本的には問題なし。もしメモリ容量やグラボに不足を感じた際もCPUより交換が容易であることから購入時にCPUをより良いものにしておくという選択は個人的にアリだと言えます。

     

    目次に戻る

    5.「G-Tune PM-B」【i5-11400F/GTX 1660】

    カテゴリー:

     

    G-Tune PM-Bの主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i5-11400F
    メモリ(RAM) DDR4-3200 16GB(8GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce GTX 1660(6GB)
    SSD 256GB(NVMe)
    HDD なし(オプションで追加可能)
    電源 500W(80PLUS BRONZE)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCは、本体が比較的小さいミニタワーと呼ばれる大きさで、机の上に置いても邪魔にならないコンパクトなサイズ感となっております。

     

    このモデルの特徴はSSDの容量を抑えることで、同じスペック構成の「G-Tune EL-B」よりも優れた拡張性を持つケースを採用していることです。また、追加で約1万円を払うことで水冷のCPUクーラーを選択することができ、空冷のものよりCPUの冷却性能を高めることが可能です。

     

    グラボは「NVIDIA GeForce GTX 1660」が使われており、フルHDでのプレイが可能でこれからPCでゲームを始める方に個人的におすすめのスタンダードなモデルです。

     

    目次に戻る