予算35万円で買えるコスパが良い高性能ゲーミングPCおすすめ5選



ゲーミングPCを買う理由はPCでゲームをプレイしたい、遊びたいゲームがPCでしかプレイできないなど理由は様々です。しかしいざゲーミングPCを購入しようとなると、数が多くてどれが良いのか迷われる方も多いと思います。

 

そこで今回は価格を35万円以内に抑えたい方におすすめのゲーミングPCを紹介します。

 

多種多様な用途で購入されるPCですが、予算内で今からゲーミングPCを購入しようとしている方、気になっている方はぜひ読み進めて参考になればと思います。

 

この記事の内容
  • ゲーミングPCを購入するときの選び方簡単まとめ
  • 35万円以下で買えるおすすめのゲーミングPC5選

ゲーミングPCの選び方簡単まとめ表

ゲーミングPCの選び方を簡単にまとめると:

CPUの選び方:

  • 制御・演算処理を担当するPCにおける最重要パーツ。CPUの性能があらゆる動作の快適度に直結
  • ゲーミングPCやクリエイターPCを購入するのであればCPUは最低でも最新世代の「Intel Core i5」「AMD Ryzen 5」シリーズ以上

 

マザーボードの選び方:

  • Intel製CPUの場合、オーバークロックするのであればZシリーズ以上、しないのであればBシリーズ以上
  • AMD製CPUの場合、オーバークロックするのであればXシリーズ、しないのであればBシリーズ以上
  • マザーボードのグレードはCPUとグラボよりも優先度が低いため、予算に合わせてグレードを上げれば良い

 

グラフィックボード(グラボ)の選び方:

  • グラボは迷わずNVIDIA
  • 予算を優先させるなら「NVIDIA GeForce GTX 1660」系
  • 性能を優先させるなら「NVIDIA GeForce RTX 3060」以上

 

メモリ容量の選び方:

  • どれだけ少なくても8GB
  • あまり価格が変わらないため基本的に16GBがオススメ
  • メモリの速度が違うと実行される処理に違いは出るが、CPUやグラボの性能のほうが遥かに重要度が高い

 

ストレージ(保存容量)の選び方:

  • SSDとHDDの両方を使うことをオススメ
  • OSは迷わずSSDに。読み込み・書き込み速度が重要じゃないデータはHDDに

 

電源の選び方:

  • 一般的に各パーツの消費電力を合計しその2倍の容量にすると良い
  • 電源は基本的に多めに搭載しておくのがベター

    35万円以下で買えるおすすめゲーミングPC5選

    1.「G-Tune EP-A-3070Ti」【Ryzen-7 5800X/RTX 3070Ti】

     

    G-Tune EP-A-3070Tiの主要スペック:公式スペック
    CPU AMD Ryzen 7 5800X
    メモリ(RAM) DDR4-3200 32GB(16GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti(8GB)
    SSD 1TB(NVMe)
    HDD 4TB
    電源 800W(80PLUS TITANIUM)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCの最大の特徴はCPUにAMDの「Ryzen 7 5800X」が搭載されていることで、重たいゲームや作業で非常に優秀な処理能力を発揮します。また、グラボはNVIDIAの「GeForce RTX 3070Ti」が搭載されており、あらゆるゲームを4K解像度で快適に楽しむ事が出来るハイスペックモデルです。

     

    最新のグラボの性能をいかんなく発揮出来る画質設定でゲームをプレイしたい方や、ストレスの少ない環境で作業を行いたい方におすすめのモデルです。

     

    目次に戻る

    2.「G-Tune EP-Z (プレミアムモデル)」【i7-11700K/RTX 3080】

     

    G-Tune EP-Z (プレミアムモデル)の主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i7-11700K
    メモリ(RAM) DDR4-3200 32GB(16GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080(10GB)
    SSD 1TB(NVMe)
    HDD 4TB
    電源 800W(80PLUS TITANIUM)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCは何といっても「G-Tune EP-Z」モデルに搭載されているCPUを「i9-11900K」から「i7-11700K」に下げることで、350,000円以下の価格で最先端のグラボ「GeForce RTX 3080」の搭載が実現していることでしょう。「プレミアム」の名に恥じない性能を誇る「GeForce RTX 3080」は、4K解像度での快適なゲームプレイはもちろん、夢の最大8K出力にも対応しているハイスペックモデルです。

     

    CPU自体も元のPCモデル「G-Tune EP-Z」と同じ第11世代のものが使われており、「i9」と比較してマルチタスクでの作業はやや(25%ほど)下がりますが2022年においても十分に機能するため、最先端技術を駆使した非常に快適に動作するゲーム体験をしたい方に非常におすすめのモデルです。

     

    目次に戻る

    3.「G-Tune PP-Z-3070Ti [ Windows 11 ]」【i7-12700KF/RTX 3070Ti】

     

    G-Tune PP-Z-3070Ti [ Windows 11 ]の主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i7-12700KF
    メモリ(RAM) DDR4-3200 32GB(16GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti(10GB)
    SSD 512GB(NVMe)
    HDD 4TB
    電源 850W(80PLUS GOLD)
    OS Windows 11 Home 64bit

     

    このゲーミングPCの魅力としてあげられるのは、非常に高い性能を誇る「GeForce RTX 3070Ti」が搭載されていることによって、4K解像度でのゲームプレイを快適にこなせるとともに、最先端の第12世代CPU「i7-12700KF」が優れた処理能力を発揮して、実況配信などの重たい処理も同時に対応できるといった点です。

     

    また、Intelの第12世代CPUは「Windows 11」に最適化されていますが、この「G-Tune PP-Z-3070Ti」は購入時点で最初から「Windows 11」を搭載しているため、より快適なゲームプレイの実現が期待できます。

     

    目次に戻る

    4.「G-Tune PP-Z-6700XT(Core i9-11900K)」【i9-11900K/Radeon-RX 6700 XT】

     

    G-Tune PP-Z-6700XT(Core i9-11900K)の主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i9-11900K
    メモリ(RAM) DDR4-3200 32GB(16GBx2)
    グラボ AMD Radeon RX 6700 XT(12GB)
    SSD 1TB(NVMe)
    HDD 4TB
    電源 850W(80PLUS TITANIUM)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCにはIntelの最上位モデルの「i9-11900K」が搭載されており、「16コア」による非常に優秀な処理性能が魅力としてあげられます。また、グラボも4K解像度の高画質でのゲームプレイを快適にこなせる「Radeon RX 6700 XT」を搭載。CPU/グラボ共に驚異的な性能を持ったハイスペックモデルです。

     

    ゲームプレイや実況配信でストレスの少ない最高性能を重視する上級者におすすめのゲーミングPCです。

     

    目次に戻る

    5.「G-Tune XN-ZJ(JeSU公認PC)」【i7-11700K/RTX 3080】

     

    G-Tune XN-ZJ(JeSU公認PC)の主要スペック:公式スペック
    CPU Intel Core i7-11700K
    メモリ(RAM) DDR4-3200 32GB(16GBx2)
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080(10GB)
    SSD 1TB(NVMe)
    HDD なし(オプションで追加可能)
    電源 800W(80PLUS TITANIUM)
    OS Windows 10 Home 64bit

     

    このゲーミングPCは上位モデルの「GeForce RTX 3080」が搭載されており、4K解像度での滑らかなゲームプレイや、「32GB」の大容量メモリを使用したより負荷の高いゲームを快適にこなすことができるハイスペックモデルです。

     

    また、「JeSU(日本eスポーツ連合)」に公認されているゲーミングPCで、「eスポーツ」の大会でも使われる構成です。

     

    これは「マウスコンピューター」と「JeSU」が協議して「プレイヤー視点(最低設定で最低120FPS以上)」と「大会運営(最高設定で平均60FPS以上)」の二つの視点から検証した結果をもとに設定されたモデルで、この構成の下でプロゲーマーも試合を行うためプロと同じ構成でゲームをプレイしたい方におすすめです。

     

    目次に戻る